三原舞依の経歴や出身高校は?家族や病気にコーチと成績について!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065113_pm

こんばんは!ちゅらぱんです

フィギュアスケートのグランプリ、シニアGPデビュー戦で3位となった

三原舞依さんが話題となってます!憧れの浅田真央選手よりも好成績だったにも

かかわらず、演技後半に崩れた悔しさに涙してました・・

三原舞依さんは難病を克服しての試合だったそうです

調べてみまーす☆

 

【関連記事】本田望結の兄弟の活躍がすごい!家族構成や父親の職業を調べてみた!

     織田信成の甥織田信義の憧れは高橋大輔!経歴や家族と演技は?

 

三原舞依のwiki風プロフィール

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065148_pm

名前:三原舞依(みはら・まい)

生年月日:1999年8月22日

出身:兵庫県神戸市

血液型:A型

身長:154cm

所属クラブ:神戸ポーアイランドFSC

 

神戸市立飛松中学校を卒業し

兵庫県立芦屋高等学校に通っています(2016年10月現在)

 

兵庫県芦屋高等学校・・・芦屋といえば名の知れた

お金持ちエリアです!

フィギュアをやるぐらいなので、資金面でバックアップが必要なのも確か

ご両親はものすごくお金持ちなのかもしれません(*゚v゚*)

 

憧れの選手は浅田真央さんなんだそうです!!

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ大会で

憧れの選手の一挙手一投足を見逃すまいと、自分の練習そっちのけで

浅田真央さんの滑りに見入っていたという三原さん

「マッサージで浅田さんと一緒になってテンションが上がったようで

一緒に写真を撮ってもらい、最高に幸せと言っていました」と

中野コーチが明かすほど三原さんにとって浅田真央選手はパワーの源のようです

そんな憧れの浅田真央選手を超えての3位(^o^)丿

 

成績は!?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065040_pm

■2012-13シーズン

全日本ノービス選手権で3位

初出場となった全日本ジュニア選手権で8位

2013年プランタン杯ではノービスクラスで優勝

 

■2013-14シーズン

アジアフィギュア杯のジュニアクラスで2位

ISUジュニアグランプリシリーズに初参戦し、JGPミンスクに出場

全日本ジュニア選手権では2位

初出場となった全日本選手権ではSPで20位と出遅れたが

FSでは8位に入り、総合で12位

 

■2014-15シーズン

JGPリュブリャナ杯に出場し6位

全日本ジュニア選手権では7位

全日本選手権では9位

2015年ガルデナスプリング杯ではジュニアクラスで優勝

 

■2015-16シーズン

2015年アジアフィギュア杯のシニアクラスに出場し優勝

JGPJ&Tバンカでは2位

国際スケート連盟主催の公式大会で初めて表彰台に立つ

JGPオーストリア杯でも2位

全日本ジュニア選手権では総合8位

JGPファイナルでは6位

スペインからの帰国後、若年性特発性関節炎(若年性リウマチ)で入院

 

■2016-17シーズン

ISUチャレンジャーシリーズのネーベルホルン杯で優勝

ISUグランプリシリーズに初参戦し2016年スケートアメリカで3位

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065311_pm

 

病気やコーチについて!

Sponsored Link

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065239_pm

難病といわれている若年性突発性関節炎」を患っています

名前のとおり若くに発症する病気で、急激に症状が進行する疾病のようです・・

 

フィギュアスケート選手にとって関節・膝は大事です!!

激しいジャンプをしたり、硬い氷上に何度も何度も着地・・・

スピンして脚をクネクネさせて優雅に踊らなければならないんですから

 

2015年の冬に病気を発症し、一旦フィギュアを休止・・・

難病ですから引退も考えたんじゃないかな><

全身の関節が痛む原因不明の関節炎で、その後4カ月間氷上で練習できなかったそうです

そんな時に彼女を協力的にバックアップしたのは、家族や友達そして他でもなく

コーチの功績、存在が大きかったのだと思います

そのコーチとは中野園子さん

リレハンメル五輪でも選手を自己ベスト更新させている実力者です

 

まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102416_065347_pm

難病を乗り越えて迎えたシニアGPシリーズデビュー戦で好発進した三原舞依さん

18年、平昌五輪、オリンピックが期待される新星が、また一人現れたなぁ~って思いました☆

難病を克服したとはいえ、お大事にしながら頑張ってほしいものです♪

金メダル目指してね~ではではしーゆー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です