ネット炎上被害が保険で対応OK!事故例や保険料は?加入すべき?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット_030417_071459_AM

スポンサードリンク

スクリーンショット_030417_071459_AM

今やネットが主流となった時代、ネットなしでは商売もできません

ネット商品が多くなり、宅配便は10年前の3倍になり

ヤマト運輸の残業未払いがニュースになるほどです

そんな中、国内で初めてとなるネット炎上に対応した保険が発売と話題です

これは企業側としては待ってました♪商品ではないでしょうか?

どんな時に保険金がでるのか?金額はいかほどまで補償してくれるのか?

そもそも保険料ってどんだけ?入るべきなんか?という視点で

調べてみたいと思います!

個人事業主のみなさまも他人事ではないですよ~

SNS恐るべしです

 

 

国内初!ネット炎上保険

スクリーンショット_030417_071617_AM

その名のとおり

ネット炎上したときに補償してくれる保険が

日本ではじめて登場!!

損害保険ジャパン日本興亜が3月6日から販売します。

 

損害保険ジャパン日本興亜・広報によると、

保険でカバーされるのは、「ネット炎上」が起きたあと、

炎上の拡散防止と原因究明のために、

コンサルティング会社に

対策を依頼するための費用

報道機関に対して、

どんなリリースをするかなどメディア対応も含むそうです

 

炎上時には、

ネット炎上対策を提供する

「エルテス」と「SOMPOリスケアマネジメント」が

連携して企業をサポートするそうです。

 

 

具体的事故例について!

スクリーンショット_030417_071651_AM

想定ケースは・・・

経営者としてはどんなときに補償されるのか

具体的に知っておく必要がありますね

ネット炎上の典型例についていうと、

たとえば従業員の行為が、ネット上で問題にされるケースです。

 

・企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写り込んでいたケース。

・不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげたケース。

・飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になったケース。

・従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいしたケース。

・従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった場合。

 

スクリーンショット_030417_071740_AM
またまた、その会社が提供する、

サービスに対するクレームにも対応できるようです

・商品に異物が混入していたことがツイッター上で実況中継されて、

 企業対応の内容にも批判が寄せられるケース。

・企業のサービス内容や価格に不満を持ったユーザーが

 ブログで取り上げ、ネット上で拡散したケース。

ネットの怖いところは

顔も名前もあかさぬまま

言いたい放題言えることです

これはいじめ問題でもそうですよね

自分のことは明かさないくせに

相手の誹謗中傷を掻き立てる・・

昨年、批判を浴び、閉鎖された

ディー・エヌ・エー(DeNA)の

医療情報サイトのような

「キュレーションサイト」も保険の対象になるようです。

サイトに掲載した記事が炎上し、

批判が殺到した場合なども、保険の対象なんだとか

ただし免責ももちろんあります

保険でない場合・・・

意図的に世間に注目させる目的で炎上を引き起こす

「炎上マーケティング」の場合には保険金は支払われません。

当然と言っちゃ当然ですね

Sponsored Link

保険料はどれくらい!?加入すべき!?

スクリーンショット_030417_071947_AM

経営者としては気になる出費・・

万が一のときの保険ですが

毎年かかる保険料っていかほど??

それによっては

保険なんて・・

というご意見もあるかと思います

気になる保険料

保険の支払い限度額は1000万円で

保険料は年額50~60万円

毎年50万を積み立てると

1000万を達成できるのが20年

う~ん

20年間のうちに

ネット炎上リスクがある確率は?

経営者のみなさま

どうご判断されますか?

この先ネット社会がなくなる

少なくなるってことはありません

もはやネット社会は急速なスピードで

さらに広がっていくでしょう

またネットだけに

社員の誰がネット炎上に関わるか?

社員の家族や友達、知人も関係してきます

もやは管理の域をこえてます

この瞬間も

わたくしが書いているように

誰かしらがネットに関わっています

毎月50万を20年に積み立てても1000万です

もしかしたら明日ネット炎上するかも

加入した初年度にネット炎上するかも

そしたら保険料50万で

保険金1000万補償・・

加入すべき?

したほうが無難なような気がきます

保険料は損金計上できますもんね♪

まとめ

スクリーンショット_030417_072150_AM

ネット炎上に対応した国内初の保険

話題になるはずですね

大手企業などは

自社でカバーする財力があるし

対策にもかなり費用をかけているハズ

しかし中小企業は

この保険に注目すべきじゃないでしょうか!?

財力面でも対策面でも不足が心配ではないですか?

ネット炎上した場合、

収束までに3カ月程度かかることが多いそうです

第三者に対処を頼んだ場合の費用は、

1カ月あたり300万円程度かかるのが一般的・・

それもその対処がプロフェッショナルとは補償できません

ネット炎上保険が話題になる経緯をよく考え判断したいものです

ではではこのへんで!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット_020617_100704_PM
  2. mig
  3. スクリーンショット_061617_014219_AM
  4. 9c6be74b78f3e85dc592bef509640cff
  5. スクリーンショット_042717_011513_PM
  6. スクリーンショット_072217_011848_PM
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。