ボカロ参考書は受験必須アイテム!売れる理由と人気おすすめカラオケ曲について!

この記事は2分で読めます

スクリーンショット_070316_082508_PM

Sponsored Link



スクリーンショット_070316_082508_PM

こんばんは!ちゅらぱんです

受験必須アイテムのボカロって知ってますか?

2ヶ月で13万部もの売上があるって凄くない!?

コレがあれば苦手な歴史に理科が克服できるって

話題となってるって♪

参考書がカラオケで歌われる時代がきたーー

ってワケが分かんないので、ボカロについて

動画つきで調べてみようと思います

 

 

ボカロとは!?

スクリーンショット_070316_082549_PM

VOCALOIDボーカロイドとは

ヤマハが開発した音声合成技術、

及びその応用製品の総称である。

略称としてボカロという呼び方も用いられる。

メロディー歌詞を入力することでサンプリングされた

人の声を元にした歌声を合成することができる。

引用:wikipedia

 

パソコン用のボーカル音源作成ソフトで、

自分で作詞作曲演奏した曲に歌声を入力する合成音声

人の声をサンプリングしてるので

たくさんの声が造れるらしい・・・

ボーカロイドで一番有名なのが「初音ミク」らしい

スクリーンショット_070316_082304_PM

 

 

大ヒット参考書とは!?

参考書って、受験意外で買わないと思うけど

ボカロ参考書は受験しない

大人にも人気の火がついてるんだって☆

 

参考書は1年で1万部売れるのが普通・・・

そんな参考書の世界で

約2ヶ月で13万部も売り上げている参考書がコチラ↓↓

スクリーンショット_070316_082851_PM

音楽、曲にのせて

覚えるべき歴史年号だったり

理科の元素記号だったり

が、歌詞になってるんで

口ずさむ感覚で覚えられるらしい・・・

 

覚えるのに苦労した受験時代

昔、勉強しとけばよかった~って

後悔している大人がコゾッて

大人買いしてるらいいよ

私もこっそり買おっかな(;^皿^)

 

 

売れるワケ!!

スクリーンショット_070316_084609_PM

参考書に印刷したマーカーに

スマートフォンアプリかざすと

PV付きの動画が視聴できるんとか(@_@;)

いまどきーー

おばあちゃんとかワケ分かんないだろうな(笑)

 

ツイッターとかでもホントに話題となってました☆

マジで覚えられるんでしょう(*>∀<*)

こんなに可愛かったりする☆

女子は持ってて当たり前!?

スクリーンショット_070316_084238_PM

 

気になる動画コチラ↓↓

見てみましょうo(*’▽’*)/☆゚’

Sponsored Link

 

 

カラオケ☆ランキング☆

ボカロの曲をわざわざカラオケで歌う!?

そんな時代がきたんですね

おばちゃんには理解不能だけど(;^∀^)

ランキング見ていきますよ~

 

1位  千本桜 WhiteFlame feat.初音ミク

2位  脳漿炸裂ガール 初音ミク&GUMI

3位  天ノ弱 164 feat.GUMI

4位  からくりピエロ 40mP feat.初音ミク

5位   ロストワンの号哭 鏡音リン

6位  六兆年と一夜物語 kemu 【IA】

7位  マトリョシカ ハチ feat.初音ミク、GUMI

8位  ブリキノダンス 日向電工

9位  メランコリック Junky feat.鏡音リン

10位 恋愛裁判40mP feat.初音ミク

 

初音ミク、強し~ (^o^)丿

1位の千本桜だけ紹介しておきます!!

 

まとめ

時代の移り変わり・・・

受験勉強までこんなにも変化があるだなんで

正直驚きました

そして、こんな方法で色んな知識を

楽しく習得できる若い子たちがうらやましい♪

ねたむより、取り入れる!!

ってことで、ボカロで歴史を勉強しよっかな~

って気になりました(笑)

ボカロ勉強方が当たり前になるのも近いかもね~

っということで、またね~しーゆー

スポンサードリンク


この記事を読んだ人におすすめの記事('ω')ノ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット_032117_091011_PM
  2. スクリーンショット_011716_054017_PM
  3. スクリーンショット_042717_031137_PM
  4. スクリーンショット_061217_095726_AM
  5. スクリーンショット_062217_032617_PM
  6. butadon_05
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。