青年海外協力隊、ガーナの英雄たけべひろのりwikiや生涯は?

この記事は2分で読めます

9c6be74b78f3e85dc592bef509640cff

スポンサードリンク

9c6be74b78f3e85dc592bef509640cff

こんばんは!ちゅらぱんです。

武辺寛則さんの感動の生涯に涙。みなさんに是非知ってほしいと思い書いてみることにしました。

若き日本人男性が貧困の地、ガーナ国で一生涯を捧げたお話です。なぜガーナだったのでしょうか?

 

武辺寛則さんのwiki風プロフィール

氏名:武辺寛則(たけべひろのり)

享年:27歳(1961年生まれ)

出身:長崎県佐世保市

大学卒業後、福岡の商社に就職するも2年で退職。10歳の時に目にした、アフリカの貧しい人たちを助ける日本人の新聞記事に感銘をうけ、僕もアフリカの貧しい人々を助けたい!との夢を追って、1986年25歳の時、青年海外協力隊に参加しガーナへ。

Sponsored Link

ガーナの英雄!

ガーナは当時アフリカの中でも最も貧しい国の一つでした。その中でも特に貧しい村、アチュア村は電気や水道も通っていません。武辺さんはこの村で農業改革にチャレンジしたのです!

中学校で習った「焼き畑農業」覚えていますか? 草木を焼いた灰が肥料となり、土壌を肥やすという農業。この農業が主流だったのですが、焼き畑農業は数年で土地がダメになって、農作物の収穫が少なくなるため、「焼き畑農業やめましょう」宣言をまず行いました。

当然、現地の人たちからはブーイング!!聞き入れてもらえません。そりゃぁ、どこの国から来たのかも分からない、よそもんの若造に、長きに渡ってやってきた農業をダメだしされたんです。聞く耳を持つはずがありません。何言ってんだ!ふざけんな!って言われたでしょうね。。。

でも武辺さんは根気強く、半年で100回も、村人と話し合いを重ねた、少しずつ理解されてきたそうです。

そんな矢先に大干ばつ(1987年6月)全く雨が降らず、作物のほとんどが枯れ、貴重な食料がなくなり、村の生活はさらに苦しくなり、人々も去っていきました。

そんな中でも前向きに解決策を模索する武辺さんに希望の光が!それまで村で5~6人が、自分たちの食べる分のみに作っていた「パイナップル」

果汁たっぷりのファンティパイナップルは、干ばつに負けない暑さに強い特徴があったのです。

「みんなで干ばつに強い このパイナップルを作ろうじゃないか!」と立ち上がり、さらに安定収入になるよう事業を始めたのです。

1988年9月24日、26歳で村の長老に抜擢就任。念願のパイナップルの収穫まであと半年。。夢の実現まであとわずかと迫った時。。。

車を運転することが出来た武辺さんは、急病人を病院まで運ぶようお願いされ、舗装さえてない道を病院まで猛スピードで走っていたその時、

車が横転…すぐに病院に搬送されたものの手遅れ。武辺寛則さん 急逝。まだ27歳の若さだったのです。

ダウンロード (1)

25年後、畑はそれまでの50倍以上の広さになり、生産量は年間5000トン。パイナップルの収益で村の生活も向上し、電気も水道も完備。

村は武辺さんへの感謝の気持ちを、世代を超えて伝える為にパイナップルの石碑をたてました。

石碑には“”今は亡き 武辺寛則に捧ぐ…””と刻まれており、亡くなって25年経った今でも、村人から彼への感謝の言葉がやまないのです。

日本人として誇らしいお話です。感動、涙がこみ上げます!ぜひ詳しく調べてみてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092116_104424_pm
  2. スクリーンショット_070316_082508_PM
  3. スクリーンショット_061617_014219_AM
  4. 30190025
  5. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_092316_101741_pm
  6. スクリーンショット_051717_121758_AM
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。