まんぷく三田村亮蔵(橋爪功)の実在モデルは誰?犯人ネタバレも!

この記事は2分で読めます

hasizumeisao

Sponsored Link



NHK連続テレビ小説「まんぷく」は
インスタントラーメン開発した
日清食品の創業者がモデルです。

ヒロイン福子(安藤サクラ)の夫萬平(長谷川博己)は
ある日、軍事物資横領容疑で逮捕されてしまいます。

そんな萬平を助けた一人、大阪商工会の会長で実業界の大物、三田村亮蔵(橋爪功)のモデル、実際の人物が誰なのか調べてみました。

「まんぷく」
三田村亮蔵について

hasizumeisao

大阪商工会の会長。

実業界の大物のドン。

面倒見がよく、人望が厚い。

大阪の経済を支える立役者。

 

誰もが一目置く大人物であるが、性格は温厚。

困っている人を見ると放っておけず、

ついつい情にほだされてしまう一面がある。

 

ある出来事をきっかけに福子と知り合い、

萬平の危機を救うため一肌脱ぐことに。

 

【関連記事】

まんぷく神宮幸之助(麿赤児)の実在モデルは誰?犯人ネタバレも!

まんぷく弁護士東太一(菅田将暉)の実在モデルは誰?あらすじネタバレも!

Sponsored Link

三田村亮蔵の
実在モデルは誰?

まんぷく三田村亮蔵の実在モデルは「杉道助」さんと思われます。

杉道助さんは昭和21年(1946)12月から昭和35年(1960)11月まで、大阪商工会議所の会頭を務め、大阪の商工業の復興に尽力されました。

 

杉道助さんの出身は山口県山口市。慶応義塾大学を卒業後「久原鉱業所」に入社しました。

久原鉱業所は、鉱山王として久原財閥を築き、政治家へ転身した久原房之助(くはらふさのすけ)の会社です。

 

杉道助さんは、大阪の錦糸問屋「八木商店」の創業者、八木与三郎さんの長女、八木義さんと結婚。

このご縁から大阪の繊維業界で活躍し、大阪商工会議所の会頭まで登りました。

 

萬平の実在モデル「安藤百福(呉百福)」さんは、山口県出身の第26代内閣総理大臣、田中義一さん親交から、田中義一さんを支援する久原房之助と親しくしていました。

 

また台湾出身の百福さんは、事業でメリヤス輸入で成功し大阪に進出した経緯があったので、杉道助さんと親交があった可能性があります。

 

百福さんは、チキンラーメンを開発。即席めんを大流行させた、日清食品の創業者です。

大阪商工会議所とも交流があった可能性は大きいでしょう。

さいごに

朝ドラ「まんぷく」萬平が逮捕されて釈放に尽力した人物、大阪商工会の会長で実業界の大物、三田村亮蔵(橋爪功)のモデル、実際の人物は「杉道助」さんだと思われます。

大物俳優、橋爪功さんが演じる財政界のドン。大物ながら温厚で人情厚い人柄をどのように演じられるか楽しみでなりません。

朝ドラ1話も見逃せません!

スポンサードリンク


この記事を読んだ人におすすめの記事('ω')ノ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tumblr_no6uefCcHb1qzegu6o8_500
  2. スクリーンショット_093015_121251_AM
  3. スクリーンショット_010516_100325_PM
  4. スクリーンショット_081515_103817_PM
  5. スクリーンショット_042117_050759_PM
  6. スクリーンショット_030317_085925_PM
  1. この記事へのコメントはありません。