NFC(NFT)ノーフェイクコインの上場はいつ?購入ガチホ決定理由も!

この記事は4分で読めます

o074807261493642836350

スポンサードリンク

NFC(NFT)ノーフェイクコイン(ノーフェイクトゥデイ)について知りたい!稼げると聞いた暗号通貨(仮想通貨)だけど、情報が少なすぎて不安なんだよね…とお困りではありませんか?有力な情報があればいち早く参戦したいですよね。今日はそんなアナタに朗報です!NFC(NFT)の最新情報をこの記事でご紹介します。
ICOの詐欺が多いのも事実。ですからNFT最高経営責任者Leon Huang(レオン・フアン)のコメントや提携企業などを知っていただき、購入ガチホの理由の判断材料になればと思います。

 

 

NFC(NFT)って何?

No Fake Todayが提供するソリューションは偽造防止タグ!!

つまり世の中から偽物をなくす!

偽造防止対策を実現させます!!

 

 

NFC(ノーフェイクコイン)の総発行枚数は4億5,000万トークンで、その内の60%が一般販売。20%をNFC財団が保有しています。

総発行枚数: 450,000,000
NFC財団: 90,000,00 (20%)
開発者: 45,000,000 (10%)
設立者: 45,000,000 (10%)
投資家: 270,000,000 (60%)

 

 

 

偽造防止に頭を抱える…

中国のアマゾンとも言われている「アリババ」は、ニセモノ商品に頭を悩ませている企業です。
そんなアリババの元シニア・テクノロジー・エキスパートのLeon Huang(レオン・ファン)が、No Fake Todayを率いてます。そしてこのレオンは、セントラリティの開発者でもあります。
※「アリババ」は、中国のEコマース企業。BtoBのECサイトでは世界有数のシェアで、Amazonと並ぶとされる巨大企業です。
※セントラリティ(CENNZ)はたった6分で100億円分のトークンが完売する記録をもつICOです。

 

No Fake Todayはブロックチェーンに基づく最新の暗号技術を駆使し、ビッグデータ、マシンラーニング、位置情報サービス、CG等を取り入れて、偽造商品対策に効果的なソリューション・アプリケーション・プロダクトを提供します。このシステムは暗号化メカニズムで存在するすべてのトランザクションを記録することが可能となり、トランザクションが記録される際に、ネットワークで接続されたすべてのコンピューターがトランザクションを相互に承認するという仕組み。よって記録の改ざん不正や情報削除といったものは、すべて分かってしまうことになります。

 

 

【会社概要】
会社名 : No Fake Today Pte. Ltd.
所在地 : 9 Temasek Boulevard #04-02, Suntec Tower Two Singapore (038989)
代表者 : Leon Huang
会社HP: http://nofake.io/indexjp

Telegram:https://t.me/NFC_JP
Twitter:https://twitter.com/NoFakeToday

 

 

 

NFC(NFT)の購入理由は?

NFCを購入して、長期保管(ガチホ)される理由は下記のとおりです。
この内容は、NFCのコミュニティーメンバーに開示されています。 https://t.me/NFC_Jp

 

NoFakeCoinの使用用途:
主に偽造防止と商品追跡の需要(製造業、卸売業、小売業等)によってNFCトークンは需要され、各商品への適応とブロックチェーン上でのエコロジカルなインセンティブに繋がります。商品に関わる全ての人(物流企業、小売業、税関、銀行、農産物生産者や個人販売店、エンドユーザー)がQRコードをスキャンすることで商品に適応されたNFCトークンを受け取ることができます。基本設定は、各人へ10%ずつが付与されていき、エンドユーザーが残りの全てを受け取ります。
トークンの供給数には上限があるため、NFTプラットフォーム利用企業の増加に従ってトークンは広く需要され、その価値が徐々に上昇していく設計になっています。

 

NoFakeToday利用先・提携先企業:
グローバルな電子決済プラットフォーム、プラスチック商品ECプラットフォーム(中国)、ECプラットフォーム(韓国)、物流企業(シンガポール)、偽造防止プリント企業(中国貴州省)、生体追跡企業(シンガポール)外貨交換所(日本)、ECプラットフォーム(オーストラリアおよびニュージーランド)、農作物商品メーカー(中国浙江省)他MOU締結済みの企業多数。
弊社のグローバルなマーケティングチームは、世界各地でプロダクトおよび技術力の普及に励んでいます。また、短期間ながら企業や政府機関から非常に肯定的なフィードバックを受けており、プロジェクトの将来について自信ある展望を抱いています。

 

世界中の企業や政府機関から、肯定的なフィードバックを受けているということは、つまりはNo Fake Todayが提供する偽造防止の技術を使いたいし、期待しているってこと。これは買いでしょう。

 

すでに採用が決まっているとされる企業は多数あります。

ミルクパウダー (ニュージーランド)
ハニープロデューサー(ニュージーランド)
健康補助食品(オーストラリア)
ワインディストリビューター(中国)
化粧品(中国)
教育サービス(中国)
バッグデザイナ、プロデューサー(中国)
健康補助食品(マレーシア)
などなど

 

 

ディズニーキャラクターの偽造を平気でやっちゃう中国で採用が多く決まっていることに驚きますが、個人的には産地偽造、口に入る食材に起用してもらいたい!!そしてこの技術が世の中に普及すれば、詐欺や不正といった事がなくだろうし、素晴らしい技術や文化も価値あるままに生き残れるのでは!?と期待が膨らみます。
自分がメーカーの立場だったら、この技術使いたいです。また自分が欲しい商品に使われていたら、安心感につながります。詐欺にあわないってことですもんね。

 

 

 

NFC(NFT)の上場はいつ何?

2018年4月15日、分散型取引所SingularXへ上場しました!!
SingularX:https://ex.singularx.com/exchange/NFC/ETH

そして現在、SingularXでの取引量は約1000 ETH/日だそうです。広範な開発の継続により、更に認知度を高めていく予定とされています。ICOで参戦できなかった人は、ココで買うといでしょう。またSingularX、実はCEO Leon Huang(レオン・ファン)が自らの手でフルスクラッチで構築した取引所。そしてセントラリティ(SENNZ)もココで購入できます。

 

 

NFC(NFT)をガチホする決定打は?

NFCを購入して、ガチホだーーー!!
そう言っている人たちは、NFTの紳士的かつ誠意ある対応に、心打たれ応援しているからのようです。
世の中に普及するものすべて人が絡みます。いくら素晴らしい技術であっても、それに関与する人たちが横柄な態度だったらどうですか?ぜひNFTプロジェクトチームの皆さんの対応から判断されてはどうでしょうか?

 

皆さまが、トークン上場のお知らせについて何より心待ちにしていらっしゃることを把握しており、これが私たちのハードワークの動機になっています。しかしながら、上場に伴う異常に高額な手数料、トークン価格のICO販売時以下への下落、投機的取引、ICOチーム自体がプロジェクトよりもそういった取引へ関心を寄せているのが昨今の暗号通貨の混沌を物語っています。
私たちNoFakeTodayチームは当面、闇雲な上場よりも、NFCトークンの長期的な価値向上を目指したプロダクトの改善と普及に注力していくことを決定しました。紙上の空論に出資を促すようなプロジェクトとの違いをご理解くださいますよう、ご了承ください。疑問点、ご不明点、またはご不安がある場合、どうぞお気軽にご連絡ください。最善を尽くし、ご回答にあたらせていただきます。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

NoFakeTodayプロジェクトチーム一同

 

 

まとめ

暗号通貨(仮想通貨)のNFC(NFT)ノーフェイクコイン(ノーフェイクトゥデイ)についてご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか?
私は個人的に、世の中から偽造、不正、詐欺がなくなる実用性の高い技術、期待高まるこのコインを応援したいと思いました。
投機目的が主流とされる暗号通貨市場ですが、NFC(NFT)のように、商品に関わる全ての人のために開発されたものを応援して価値を上げたいものです。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 148
  2. figureoh05small
  3. 平
  4. スクリーンショット_050716_101959_PM
  5. スクリーンショット_080815_104513_AM
  6. スクリーンショット_020517_015106_PM
  1. Thanks a lot for your report.
    There have been many updates and progress since.
    I personally would like to express my gratitude to you. Thank you!

    レポートに感謝します。
    それ以来、多くの更新と進歩がありました。
    私は個人的にあなたに感謝の意を表したいと思います。 ありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。