わろてんか寄席の持ち主亀井の実在モデルは誰?演じる内場勝則についても!

この記事は3分で読めます

E3828FE3828DE381A6E38293E3818B-thumbnail2

スポンサードリンク

こんにちは☆ちゅらぱんです!

朝ドラ、わろてんか。寄席を商売にする一歩手前まできましたね~
吉本興業に関する実話ってことで、新たな登場人物が出てくるたびに
実在モデルが気になります。

そんな私が今日書くのは、てんと藤吉がどうしても売って寄席の
元席主の亀井庄助について。
実在したのかどうなのか?
キャスト内場勝則さんについてもチェックしたいと思います!

 

 

 

わろてんか 亀井庄助とは!?

yjimage

経営不振で廃業した寄席の元席主。
ヒロインてんと夫の藤吉がその寄席を売って欲しいと毎日のように訪れるも、
頑固な亀井はまったく相手にしません。
しかし、てんと藤吉の寄席をやりたいという情熱を知り、愛着ある寄席を
二人に譲り託してさっそうと去って行くのです。
ところが・・・なぜか舞い戻ってくることに!?

 

 

 

亀井庄助の実在モデルは誰!?

warotenka_interview_uchiba_2

朝ドラ、わろてんかの「亀井庄助」の実在モデルは、
寄席「第二文芸館」の席亭、長田為三郎と言われています。

 

明治時代、落語の「桂派」と「三友派」は激しく争っていて、
そこから独立する形で「娯楽派(互楽派)」が誕生しました。

 

娯楽派(互楽派)が出演する寄席は、
「第一文芸館」「第二文芸館」「第三文芸館」「第四文芸館」でしたが、
桂派と三友派にまったく対抗できず、誕生後すぐに消滅してしまいます。

 

天満天神(天満宮)の裏にあった「第二文芸館」には、
何をしてもお客が入らず、席亭、長田為三郎は営業権をりに出したそうです。

 

「第二文芸館」が売りに出ていると知り、藤吉の実在モデル、吉本泰三(吉本吉兵衛)は、
浪速落語反対派(岡田興行部)の興行主、岡田政太郎らに相談し、うことにしたのです。

 

突然、「第二文芸館を買う約束をしてきた」と言い出す夫に対し、てんの実在モデル、
妻の吉本せい(林せい)は寄席の経営に反対し、無視を続けていたそうです。

 

それもそのはず、吉本泰三は仕事もせず道楽に走り、家業を廃業させ無職。
妻、吉本せいが針仕事で稼いだお金で生活し、それでも芸人遊びがやめられず、
遊びけていたのですから…

 

しかし妻の林せいは、最終的には福島の金貸し「鬼熊」からお金を借り、
足りない分は実家の父、林豊次郎に頼み込みお金を工面してやり、寄席の
営業権を買い取り、寄席経営をはじめたのです。

 

吉本泰三はこの時、「やっぱ、嫁はんや。後はワイにまかせとけ」と言って
家を飛び出したそうです。

 

 

朝ドラ、わろてんかに登場する亀井庄助は、寄席を売ったあと舞い戻ってくるようですが、
実在モデルは戻ってきてないようです。
舞い戻ってくる場面はオリジナルストーリーってことでしょうね。

 

【関連記事】

わろてんかのキャスト実在モデルまとめ!吉本興業創業者の家系図も!

 

Sponsored Link

 

亀井庄助役の内場勝則について

utibakatunori-e1502944149821-242x300

名前:内場勝則(うちば・かつのり)

生年月日:1960年8月22日

出身地:大阪市西成区

血液型:B型

身長:161cm

学歴:大阪府立東住吉工業高等学校

所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

ダウンタウン、トミーズ、ハイヒールと同じ
大阪NSC1期生でいらっしゃいます。

 

1983年2月、NSC在学中に島田紳助さんの演出、主演の舞台
「西日のあたる西表山猫のすみか」に、エキストラ出演。
キャスティングされていましたが、主役だった松本竜介さんのセリフ覚えが悪く、
急遽紳助さんからセリフを覚えていた、内場さんが主役に抜擢されたそうです。

 

翌年NSCを卒業した後は、演劇ユニット「劇団インスタント」で花月などの舞台で活躍。
1985年から、岡八郎さん、間寛平さんらが主力だった新喜劇の舞台で活躍。

 

1989年、「吉本新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」では座員のリストラの対象になるも、
未知やすえと漫才をするように言われたことに同意しなかったため、結果的に新喜劇に残留。
1995年から辻本茂雄さん、石田靖さんとともにニューリーダーに就任されています。

 

 

01

奥様の未知やすえさんは新喜劇の女優さん。

職場結婚ですね!!
お子様が1人いらっしゃるそうです。

 

私生活では、酒豪で有名。
また夫婦関係が冷えきっていた頃、
阪神淡路大震災に遭い、怖がるやすえを励まし、
やすえは内場にれ直し関係は修復されたそうだが、
実は酔った勢いのうわ言であったとも。

 

缶ビールは1日1本!!
そう妻、やすえに決められており、
やすえの目を盗んで飲むときは、
缶のプルタブを開ける時に音をごまかすために
「くしゅっ」とくしゃみのフリをするらしい笑
このことは新喜劇の舞台中にも
「もしもやすえが妻になったら」という設定で
小藪千豊さんらがリアルに公表してます。

 

 

 

まとめ

内場勝則さん演じる亀井庄助の実在モデルは
寄席「第二文芸館」の席亭、長田為三郎さんのようでした!

寄席の経営権を売ってくれたのは間違いないけど、
またそこに戻ってくるって話は、朝ドラのオリジナルのようですね。

吉本興業の生みの親のお話「わろてんか」
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の新喜劇で活躍する
芸人さんにピッタリな役どころですね。
次々とよしもと芸人が出演されるようなので、楽しみです☆
ではまた実在モデルについて書きたいと思いまーす!

 

【関連記事】

わろてんかのキャスト実在モデルまとめ!吉本興業創業者の家系図も!

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. omoshiro-131206-3
  2. スクリーンショット_073015_102951_PM
  3. DJC2nUJUQAAeTAP
  4. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_101816_105948_pm
  5. m3_kamimurakaisei1509
  6. スクリーンショット_021117_102627_PM
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。