ガキ使笑ってはいけない2017-2018のテーマやゲストは?ロケ地も判明!

この記事は3分で読めます

19a3ae99

スポンサードリンク

こんにちは☆ちゅらぱんです!

早いもので今年もあと2ヶ月。
寒さも増してきましたね。
年末年始の準備が慌ただしくなる前に、
昨日ベランダの掃除をしました!!

おかげでスッキリ爽やかな気分になりましたが、
お手手はボロボロです(笑)

でも秋晴れだったので、寒さに耐えなければならない
ということはなく、スムーズにできたことが嬉しくて♡

これが年末大掃除の時期だったらと思うと、
寒いし、水は冷たいし、そもそも外に出たくないんで、
ベランダは汚れたままだったでしょう・・・

そんな私が今日書くのは、年末の人気番組
「笑ってはいけないシリーズ」について!!

日本テレビ制作の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の
特別番組で、毎年21月31日の大晦日に放送されています。

私はこの番組が大好きで、毎年飲みながら、笑いながら、年を越します( ´艸`)

今年はどんな番組になるのか?チェックしてみたいと思います!

 

 

笑ってはいけない2017-2018の放送について

毎年のことで、百も承知かと思いますが、
念のために放送日に関してお知らせしておきます!

 

放送日:2017年12月31日(日) 18:30~24:30

今年も「笑ってはいけない」を見ながらの年越しで間違いないです^^

 

 

 

 

笑ってはいけない2017-2018のロケ地について

毎年どこでロケされるのか!?
話題となるので、予想しながら調べてみようとしたら、
判明しちゃいました (*´▽`*)

 

今はSNS、ツイッターなどで情報発信されるから、
バレるのも早いですね~

 

こちらのツイッター情報から、
2017-2018の「笑ってはいけない」のロケ地は

千葉県勝浦市
勝浦市立北中学校・勝浦市立興津中学校が有力なようです!!

 

 

 

こんなツイッター情報もありましたが、
上記の情報の方が、有力のようです。
色んな情報があるだけに、調べるのも一苦労です ( ̄▽ ̄;)

 

Sponsored Link

 

笑ってはいけない2017-2018のテーマは?

昨年のテーマは、「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」でした。

舞台は「ガースー黒光り科学研究所(GKSL)」で、浜田雅功さんが
2年ぶりの女装(理系女)。され、またこの回からタイキックの新音声が導入され
話題になりました!

 

誰しも、今年のテーマが気になりますよね~
上記情報を発信されている方が、テーマについては近日中に分かるのでは??
と投稿されてました・・・

 

そしてなんと本日、バス情報を投稿してくれてました ヾ(≧▽≦)ノ

このバスを見た人たちからすると

今年のテーマは「ヘイホー州立おまめ中央警察署」??

 

ロケ地、場所も勝浦って言われてます!!

 

こちら、テーマがバッチリ見えてます ( *´艸`)

 

どうやら警察署がらみがテーマになりそうですね。

 

 

笑ってはいけない2017-2018のゲストは?

ロケ地やテーマが確定されただけあって、ゲストは誰!?

とまたまた気になりますよね。

地元の方もこぞって、撮影現場を追ってるようです!!

 

しかし、見えないように、ネタバレしないように
撮影がすすんでる模様・・・( ̄▽ ̄;)

 

 

それがこちらの投稿からも分かります。

えっ!??

ただ近づけなかっただけ!??

 

今年のロケ地でのゲスト目撃情報はまだ見つけられませんでしたが、
こんな投稿も発見しました!!

 

 

井上公造さん??

舛添要一さん??

ここが千葉県、勝浦の中学校であれば、可能性大かも ( ̄▽ ̄;)

 

 

 

まとめ

今年も楽しみのガキ使、「笑ってはいけないシリーズ」
どうやら撮影が明日11月7日~8日にかけてあるようなので
ネタバレ情報がどんどん舞い込みそうです。

また新情報が入り次第、追記したいと思います!
ではではこのへんで!しーゆー

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット_030816_110347_PM
  2. スクリーンショット_092715_033157_PM
  3. スクリーンショット_030517_081804_PM
  4. スクリーンショット_041317_125405_AM
  5. スクリーンショット_073015_102951_PM
  6. スクリーンショット_071815_113233_AM
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。