ハシビロコウってどんな鳥?動かないの?デカい口ばしで何食べる?

この記事は4分で読めます

31347_main

スポンサードリンク

31347_main

こんにちは☆ちゅらぱんです!

姪っ子の学校は2学期制なので、夏休みも終わりましたが、
気になる鳥がいると言って、質問攻めにあいました…
ペリカンのような大きなくちばしで巨体。
なのに全く動かない?なんで?って

その鳥、漫画に出てきそうな顔つきで目つきなんか、
ちょっと恐ろしいんです。
この世にこんな生物がいるの?っていう衝撃を覚え
ミーハー魂に火が付きました!
いつものように調べてみまーす♪

 

 

 

ハシビロコウってどんな鳥?

見た目がすごいんで、

キモイって言われたり

可愛いって言われたりしてます。

 

見た目が、キモ可愛い鳥って (;’∀’)

 

でもですね、一度みれば
その感想にも納得できるのが
ハシビロコウって鳥なんです。

 

 

またその巨体、デカさに驚きます!!

デカいくせに全くかない、ナマケモノ??

いやデカいくせに、顔もいくせにやからしいです。

性格がね (;’∀’)

そしてぶ時が、まーなんともスゴイらしい!!

 

 

はじめてお目にかかった時は、
動物とは思えませんでした・・
何かのマスコット??
そう思ってしまうくらい
漫画的な姿してます。
ロビンマスクの鼻下を長ーくした感じ ( ´艸`)

 

 

ますます気になるでしょ??
ハシビロコウって鳥が・・
どんな生体なのか詳しく見ていきましょうね♪

 

 

 

ハシビロコウについて!

ペリカン目、ハシビロコウ科、ハシビロコウ属に分類される鳥類です。

本種のみで、ハシビロコウ科、ハシビロコウ属を構成してます。

 

サギ類・コウノトリ類・ペリカン類に類似した形態、生態から、
分類には諸説ありましたが、コウノトリ目の説が主流とされていました。
骨格からペリカンに近縁とする説もありましたが、主流ではなく、
ハシビロコウの分類には諸説あったが、伝統的にコウノトリ目の下位に分類されることが多い。
しかし、近年のDNA分析による分類ではmペリカン類に近いことが分かってきてます。
その他、サギ類に近いという説もあります。

 

 

巨体、デカい!!

大型の鳥類です。

 

 

身長って言っていいのかな?

110~140㎝ もあるらしい。

なかには、152㎝のハシビロコウもいたって言われてます。

 

 

を広げた時の大きさは、

230~260㎝

 

 

体重は4~7㎏

オス平均5.6㎏ メス平均4.9㎏

 

 

羽の色は灰色で、背中付近で緑色の光沢がかるらしい。

 

後頭に短い冠羽があります!

 

 

くちばしが特大のデカさ!!

18.8~24㎝もあり、色は淡黄色に灰色模様が入ってます。

 

 

脚の大きさ

21.7~25.5㎝ 中指だけでも16.8~18.5㎝という大きさ。

 

 

 

生息している場所は、

ウガンダ、コンゴ民主共和国、ザンビア、スーダン、タンザニアの西部、
中央アフリカ共和国、南スーダン、ルワンダ

アフリカ大陸、ビクトリア湖周辺の湿地帯にいるとされていますが、
生息数が少なく、絶滅危惧種とされています。

日本では動物園で見ることができますが、その箇所4か所です。

Sponsored Link

 

 

名前の由来

和名は「くちばしの広いコウノトリ」

英名は「Shoebill」 意味は、「靴のようなくちばし」

学名(ラテン語)は「Balaeniceps rex」 意味は「クジラ頭の王様」

 

 

 

生態は・・・

夜行性で、昼間はヨシやパピルスなどの草の間などで寝ています。
単独で生活しています。
飛ぶときは、頸部をすぼめながら飛び、
羽ばたきの回数は、1分間に150回。
これは、鳥類の中では非常に少ないらしい。
興奮しているときは、100~150mも飛ぶことがある。

 

 
大きなくちばしを持つが、鳴管が退化していて鳴くことは少ない
しかし、くちばしを打ち鳴らしたり(クラッタリング)、
飛んでいる最中に鳴くこともある。

くちばしををたたき合わせるように激しく開閉して音を出すのは、
求愛のときや、仲間との合図のとき。

 

 

首振りおじぎをするのは、相手に対する親愛を意味しているらしい。

 

 

動かない鳥と言われているのは、
ゆったりとした動きで、よく、ピタリと動きを止めるため、
「動かない鳥」と言われている。

 

 

食性

顔つきから予想に反するが、魚食性。
ハイギョ、ポリプテルス・セネガルス、ティラピア、ナマズ、カエル、ヘビ、
ナイルオオトカゲ、ワニの子供なんかも食べることがある。

くちばしを下に向けたまま直立して動かず、
足元にきた獲物を頸部を伸ばし、くちばしで咥えて食べます。

獲物はくちばしを動かして破砕。
消化には数時間がかかり、その作業にかなりのエネルギーが消費されるらしい。

 

 

草の間に水生植物を積み上げ、卵を産み落とす部分が、
直径が1メートルに達するような大きな巣を作ります。

ペアの間ではクラッタリングやおじぎのようなディスプレイ(求愛)をし、
1~2個(3個の例もある)の卵を産みます。

雌雄交替で抱卵し、抱卵期間は約30日。
生後3年で成熟します。

 

動物園では、2羽生まれたとしても、1羽しか育てないといわれてます。
親は2羽目のほうを見捨てエサもやらず、1羽目にいじめられるそうです(><)
生き抜くための摂理なんでしょうか・・

 

 

 

性格は!?

性格は温厚で、人間にもなつくそうで、
飼育員さんとの信頼関係を築くそうですよ~
おじぎしたりするそうです!!
これが可愛いって言われるゆえんかもです ( ´艸`)

 

 

 

 

日本の動物園どこで見れる??

絶滅危惧種のハシビロコウ

珍しい鳥であります。

巨大で大きなくちばしをもって、
ロビンマスクの鼻下を長くして、ボテットした姿
見たいですよね~

 

日本では4か所の動物園にいるようなんで、
ご紹介しておきます♪

 

 

■上野動物園
日本で一番多い5羽(オス2、メス3)のハシビロコウがいます!

 

■高知県立のいち動物公園
こちらには2羽います!
西日本で唯一いる場所です。

 

■千葉市動物公園
こちらも2羽。

 

■伊豆シャボテン公園
こちらには1羽のみ。
愛称が「ビル爺さん」
日本で最年長のハシビロコウなんだって。

 

 

 

 

姪っ子から聞かれて知った
「ハシビロコウ」っていう鳥でしたが、
おもろい鳥でした ( ´艸`)

動かない鳥なのか??ってのが
9月23日10時~25日16時に
ニコニコ生放送でも観察されるそうなんで
楽しみです♪

なんと54時間もの観察らしいですよ~
世界にはまだまだ知らない動物がたくさんいるようです。
ではではこのへんで!しーゆー

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット_072515_112340_AM
  2. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_120616_100908_pm
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。