ブランケットキャッツの猫の名前や種類は?結末は幼なじみと結婚?

この記事は7分で読めます

スクリーンショット_060917_012753_AM

スポンサードリンク

スクリーンショット_060917_012753_AM

こんにちは☆ちゅらぱんです

猫好きにはたまんないドラマがNHKではじまります

キャストも豪華!主人公の西島秀俊さんをはじめ吉瀬美智子さん、ぱるる島崎遥香さんらが出演です

原作は重松清さんの短編小説集。7匹の猫の話になります

ネタバレ最終回など含め、猫たちについて調べてみることにします!

 

 

ブランケット・キャッツ(ドラマ)基本情報

スクリーンショット_060917_012812_AM

放送:NHK総合テレビ ドラマ10

日時:2017年6月23日(金)スタート 毎週金曜、夜10時~ 【連続7話・49分】

再放送:毎週木曜 午前0時10分(水曜深夜)

サブタイトル:「愛、たりてる? 猫、たりてる?」

原作:重松清

脚本:江頭美智留

音楽:得田真裕

主題歌:矢野顕子「Soft Landing」

キャスト:西島秀俊、吉瀬美智子、島崎遥香、唐田えりか、酒井美紀、美保純

第1話ゲスト:蓮佛美沙子

 

 

7匹の猫とあらすじ

原作通りの順番で、

ドラマ展開になるかは不明・・・

よって、注目される猫の順番も未定です

ってことでお手柔らかに(^^;)

 

まず、ブランケット・キャッツについて!

ブランケット・キャッツとは、

2泊3日でレンタルされる7匹の猫のこと。

仔猫の頃から慣れ親しんだ毛布(ブランケット)があれば、

どこでも落ち着いていてくれます。

また、レンタル猫には、お店での名前がありますが、

それとは別にレンタルした人が好きな名前を付けることができます。

ではでは見ていきましょう♪

 

1:花粉症のブランケット・キャッツ

猫の種類:三毛猫

猫の名前:アン(アンジュ)

登場人物:石田紀夫(夫)、石田有希枝(妻)

<あらすじ>

40歳くらいの石田夫妻。

最近、妻の有希枝は思い通りにならないことに対してイライラ・・

夫が原因の不妊症で子供がいないこともあり、

家の中は整頓された「キレイ」な暮らしをしています。

ある時、夫妻は子供の代わりに猫を買おうかと考え、

とりあえず試しにレンタルしてみることにしました。

レンタルしたのは三毛猫のアン。

最初はアンを気に入っていた有希枝でしたが、公園にアンを連れて行ったときに、

アンがネズミをくわえたのを見て、拒絶するようになります。

紀夫がアンをペットショップに返そうかと考えていると、

普段はおとなしくて賢いはずのアンが、なぜか家の中で大暴れして、

家具や雑貨を壊してしまいました。

二人きりの「きれい」な暮らしが台無しになってしまいましたが、

有希枝は「けっこう、すっきりしたかも」と・・・

有希枝は子供がいたら経験したであろう、たくさんの思い通りにならないことを、

猫を飼うことにより経験して、少しは思い通りにならないことに対する耐性ができたかな。という話。

レンタルしてきた猫のアンも花粉症なのか、よくクシャミしている。

紀夫が子供が欲しいならそう言えよ!ってセリフが心を突き刺します

 

2:助手席に座るブランケット・キャッツ

猫の種類:メイクーン

猫の名前:クロ/ふしあわせ(自分に重ねて、ふしあわせとも呼ぶ)

登場人物:たえ子 50代 三回の離婚歴あり

<あらすじ>

クロは2年前にブランケット・キャッツを引退した猫だったが、

たえ子は今までに何度もレンタルしていたので、特別にレンタルさせてもらえます。

たえ子はクロを連れて、昔のように助手席に乗せてドライブ旅行に出かけました。

その途中、年老いた猫、クロの魔力か、たえ子は不思議な夢をいくつも見るようになります。

実は癌で余命少ないたえ子は、長年勤めていた会社から3000万円横領していて、

旅の最後に海で入水自殺をするつもりだったのです・・・

しかし海まで行くものの、引き波にさらわれ、溺れそうになったクロを助けてしまったことで、

思いとどまり生きることに。たえ子は、いつまで生きられるかはわからないが、

罪を償い、クロとまたドライブに行こうねと約束するのでした。

 

3:尻尾のないブランケット・キャット

猫の種類:マンクス

猫の名前:コウジ(自分と同じ名前)

登場人物:コウジ(中1でクラスメートをいじめている)、コウジの父親、

<あらすじ>

コウジは父親に頼んで、猫をレンタルします。

コウジが選んだ猫はマンクスという種類。マンクスは元々尻尾がものすごく短い猫です。

ノアの方舟に最後に乗った動物で、方舟に飛び乗った時に、閉まる扉にはさまれて、

尻尾がちぎれたという伝説を聞いたコウジは、ぎりぎりで方舟に乗れたマンクスの強運に

あやかりたいます。実はコウジは、クラスメイトのヤマシュウをいじめていて、

ヤマシュウが自殺未遂するのでは?と恐れていました・・・

いじめていることを父にバレて、コウジは父親に怒られます。

しかし、そんな父親を、コウジは思わず殴ってしまうのです。

コウジは父親の想いが重荷になっており、いじめをするような自分は、父親のせいだと思ったのです。

父親を殴ることは、今までの作られた自分との決別を意味していました。

翌日、コウジと母親がヤマシュウの父親に謝りに行って帰ってくると、猫が暴れていました。

それに頭にきた父親は「この猫を借りてきてから最低になった」と不機嫌に。

しかし、それを聞いたコウジは「ずっと今までも最低だった」と発狂し

その言葉で父親は、自分がコウジを苦しめていたことに気が付くのでした。

 

4:身代わりのブランケット・キャッツ

ドラマでは第1話になります!!

ヒロミは蓮佛美沙子さんが演じられます♪

 

猫の種類:ブラウンクラシック・タビーのアメリカ・ンショートヘア

猫の名前:ロンロン(昔飼っていた猫の名前)

登場人物:ヒロミ、長野(ヒロミの恋人)、おばあちゃん(89歳の認知症)

<あらすじ>

認知症の祖母が、老人ホームに入る前に泊まりに来ることに。

3ヶ月前に死んだ飼い猫、ロンロンに会うことを楽しみにしている祖母のために、

似た猫を探しに、レンタルに来ます。

またヒロミの両親は、結婚前提で交際している長野を祖母に紹介するようにと迫ります。

ヒロミは長野との結婚が考えられなくなっていて、最近会っていませんでしたが、

それでも、ヒロミは祖母のためと思って、長野に演技してもらうように頼みます。

長野が家に来る当日、時間が少し早かったので、ヒロミと長野は喫茶店でお茶をするものの、

そこでも二人の価値観の違いが露わになってしまい、長野がレジで支払いをしている時に

ヒロミは逃げ帰ってしまいます。

ヒロミは祖母に「彼氏を連れてくる予定だったけれども、その人とは結婚しないと思うので

連れてくるのを止めた」と正直に打ち明けます。

そんなヒロミに対し、ボケているハズの祖母が「夫婦になるんだったら、けんかしないとだめ」と

笑顔で言うのです。

ヒロミは長野に電話をして、「今から来てほしい」「これからたくさんけんかしよう」と伝えました。

その電話がきたとき、長野はすでにヒロミの家に向かう途中でした。

スクリーンショット_060917_012911_AM

Sponsored Link

5:嫌われ者のブランケット・キャッツ

猫の種類:雑種

猫の名前:ザツ(雑種だから)

登場人物:タッくん(25歳・フリーター)、エツコ(タッくんの彼女)

タッくんが住んでいるマンションの大家(70歳過ぎの偏屈なおじいさん)

<あらすじ>

タッくんの住むマンションは、ペット禁止。

どんなに隠していても、月に一度、大家さんがレンタル猫を連れてマンションの中を歩くと、

ペットを飼っている部屋の前でレンタル猫が鳴くのでバレてしまいます。

タッくんは同棲するエツコが拾ってきた子猫を飼うことに。大家さんにばれない方法を考えます。

考えたのは、自分達が大家さんと同じレンタル猫を借りて、その猫に子猫を慣らしてしまえば

鳴かずにすむ。バレないんじゃないか、というもの。

無愛想で乱暴なレンタル猫、「ザツ」はタッくんには全く懐きませんでしたが、

子猫には優しく、作戦は上手くいくように思えました。

ところが、大家がレンタル猫を連れて部屋の前を通った時、レンタル猫は鳴かなかったものの、

子猫の方がレンタル猫を慕ってドアをひっかきながら鳴いてしまい、結局ばれてしまうのです。

覚悟を決めて謝るタッくんに大家は「出て行け」と言いますが、

「一人前になって、ちゃんと働いて、金を貯めてから、出ていけ」と猶予を与えてくれるのでした。

実は「ザツ」は大家さんの家族が昔飼っていた猫。

家族は全員火事で亡くなり、ザツだけが生き残っていたのでした。

しばらくは大家さんが飼っていたのですが、家族のことを思い出してつらいので、

ペットショップに預けていて、月に一度だけ里帰りさせていたのでした。

 

6:旅に出たブランケット・キャッツ

猫の種類:シルバークラシック・タビーのアメリカ・ンショートヘア

猫の名前:タビー(シルバークラシック・「タビー」から命名)

登場人物:サトルくん(兄)、エミちゃん(妹)

<あらすじ>

年老いた猫、タビーは、レンタル先から逃げ出して、トラックに逃げ込みます。

その中には、父親が再婚してできた新しい母親とうまくいかず、

家出して産みの母親のところへ行こうとしているサトルくんとエミちゃんが・・・

タビーは2人を助けながら、母親の家を目指します。

サトルくんの産みの母親も再婚していて、2人が行ってもどうにもならないことを

知ってしまいますが、妹には言えません。

しかし、サトルくんは妹にそのことを告げ、警察に保護してもらうのです。

そこで兄妹は、警察から新しい母親が泣きながら探していたことを聞かされ、

大切に思われていたことを知ります。

サトルくんとエミちゃんは、一緒に旅をしてくれたタビーを飼おうとしましたが、

一足早く、タビーは一匹で旅立っていたのでした。

このストーリーだけは、猫の目線で書かれています。

アメリカ・ンショートヘアは、アメリカの開拓時代、人間のパートナーとして旅をしたそうです。

 

7:我が家の夢のブランケット・キャッツ

猫の種類:ロシアンブルー

猫の名前:ニャース(アニメ・ポケットモンスターのニャースから)

登場人物:隆平(父、リストラされて無職)春恵(母)、美雪(娘、中二)陽太(息子、小五)

<あらすじ>

父親がリストラされてマイホームを売りに出して、賃貸アパートに引っ越すことになった家族。

父親はマイホームでの最後の想いで作りに、子ども達の昔の夢だった「猫を飼う」ために、

レンタル猫を借りてきてきます。

息子、陽太は無邪気に喜びますが、妻と娘は「それはあなたの自己満足」だと冷たくあしらい、

娘の美雪は、ニャースの大事なブランケットを公園に隠してしまいます。

美雪には、自分より弱い者への八つ当たりの気持ちと、大事な物(マイホーム)を無くす自分に重ね、

大事なもの(毛布)が無くなったらニャースがどうなるか見てみたいという想いがあったのです。

叱る父親に、「親だったら、親らしいことをしてよ!子どもに情けない思いをさせないでよ」と

辛い言葉を浴びせます。

父は何も言い返せませんが、母、春恵が美雪にビンタ。

そして、「猫は大切なものを失ったら、困ることしかできないけれども、

人間は違う。大切なものが無くなっても、それを思い出にして、

また新しい大切なものを見つけることができる」と諭すのでした。

美雪は自分の行為を反省して、父親と公園にブランケットを取りに行くのでした。

 

 

原作との違いは!?

スクリーンショット_060917_012939_AM

7匹の猫のお話、ストーリーいかがだったでしょうか?

猫とともに生きる人間、家族の姿が描かれてます。

 

原作では、

猫をレンタルする主人公の人物像に関しては、特に書かれておらず、

ペットショップの店主が、売れ残った猫の中で賢い猫をレンタルしているくらい。

 

しかしドラマでは、

主人公の西島秀俊さんは、家具修繕の店を営み、妻を交通事故で亡くした。

妻が残した猫たちの新しい飼い主を探している!という設定なのです。

 

また、主人公の幼なじみで、動物病院の獣医師もオリジナル。

こちらは吉瀬美智子さんが演じられ、主人公をいつも心配する設定です。

 

 

スクリーンショット_060917_013352_AM

7匹の猫や、レンタルしていく人間、家族たちは

原作に則ってるようですが、

レンタルする側、主人公と主人公を取り巻く人々たちは

原作と違ったオリジナル・・・

女、獣医が幼なじみを心配するって

これは恋心あるでしょ♡

西島秀俊さんと吉瀬美智子さんの恋バナ、展開があるのでは!?

と密かに楽しみにしているのであります♪

イケメンと美女がゴールイン♡

そんな最終回もいいと思いません!?

 

 

まとめ

スクリーンショット_060917_013016_AM

猫好きにはたまんないよな~と思ってチェックしたドラマ

「ブランケット・キャッツ」でしたが、内容を調べるうちに

ストーリーも、キャストにも期待感が大きくなりました♪

猫のお話で金曜夜はまったり過ごしたいと思います^^

ではではこのへんで!しーゆー

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. スクリーンショット_090116_104512_PM
  2. スクリーンショット_062616_102354_AM
  3. %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111616_115246_pm
  4. m_postseven-486703
  5. スクリーンショット_072115_105505_PM
  6. E3828FE3828DE381A6E38293E3818B-thumbnail2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。